グルテンフリー山ごはん~中華風雑炊~

グルテンフリー山ごはん~中華風雑炊~

武奈ヶ岳で雑炊を作ってきました!

1/19に行った武奈ヶ岳で、中華風雑炊を作ってきました!気温氷点下の環境で食べる雑炊は体に染み渡り、下山へ向けての元気を与えてくれました。

簡単にできるので、レシピを紹介します。是非山頂で食べてみてください!
食材や調味料はすべてグルテンフリーのものを使用しているため、小麦アレルギーの方も安心して食べられます。

レシピ紹介

材料

1食分の材料です。

・白菜・・・・ひとつかみ(火の通りを早めるため、葉の部分を使います)
・豚こま・・・4枚ぐらい
・卵・・・・・1個
・鶏ガラスープの素・・・小さじ2
・塩コショウ・・・・・・少々
・冷やごはん・・・・・・0.5合
・水・・・・・・・・・・150~200ml

作り方

1.メスティンに油をひきます。


私は山に行くときは、オリーブオイルの小さい瓶を持って行っています!
学生の頃はラードを持って行っていましたね。チューブタイプのラードだったので、瓶が割れる心配もなくて良いと思います!

2. 豚肉を炒めていきます。

3. 豚肉に火が通ってきたところで、白菜を投入します。

4. 水を入れます。写真で150ml入れています。

5. 冷やご飯を投入します。

炒めるの面倒くさいわ!!という方は、メスティンを火にかける前に、豚肉・白菜・ご飯・水を一緒に入れて、火にかけても大丈夫です。

水を少し足しました。雑炊なので、ご飯がヒタヒタにつかるぐらいが目安です。

6. 蓋をして煮込んでいきます。

7. 煮込んでいる間に卵を溶きます。

卵溶くの面倒くさいわ!!という方は、そのまま割り入れてもらっても大丈夫です。
ですが、見た目は溶き卵を入れた方がきれいかなと思います。

8. 鶏ガラスープの素を入れます。

味付けは気持ち濃いめにしているので、ご自分のお好みの濃さに調節してみてください。

9. 続いて溶き卵を入れます。全体に回し入れていきましょう。

10. 全体をかき混ぜて、少し水分を飛ばします。

完成です!仕上げに刻みネギを散らしても良いと思います。

お好みでラー油をたらしてもおいしいです。

冬の寒い日は、辛味も加わって、体が内側から温まります。

実食!!

写真は実際に山で作ったものです。

優しめの味付けで、身体がホッと温まります!
家で作ったときは5分少々、雪山では10~15分ほどで出来上がりました。

夏山だと10分かからないぐらいでできるのではないかと思います。

豚肉とご飯はあらかじめ冷凍して持って行けば、お昼時には半解凍されていて、すぐに調理ができますよ。

また、卵は卵パックを切ってパックの中に入れ、そのままクッカーの中に入れておけば、割れずに持ってくることができます。

グルテンフリーなので、小麦アレルギーの方でも安心して食べていただけます。
是非、山でもお家でも作ってみてください!


ブログに戻る